鎌倉の銭洗弁天で金運アップ

鎌倉の銭洗弁天で金運アップ

鎌倉の銭洗弁天で金運アップでは、金運、財運に効くとされる、鎌倉の銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)でお金を洗ったら更に金運開運をアップする金運財布を厳選してご紹介しております。

 

洗ったお金は、金運財布にしまって金運パワーを集めてください。

 

 

宇賀福神社ってご存知ですか?

金運、財運に効くとされる、鎌倉の銭洗弁天(銭洗弁財天宇賀福神社)。

 

ここの霊水でお金を洗うと、お金が増えると言われています。

 

この銭洗弁財天宇賀福神社の由来は、源頼朝が、1185年(文治 元年)巳の年、巳の月、巳の日、夢の中に宇賀福神が現われ
『この水を汲んで神仏を供養すれば天下は平和に栄えるであろう』とお告げを受けたので、早速この地におまつりしたといわれています。
その後、北条時頼がこの霊水で銭を洗い、一家繁栄を祈ったのが今日の銭洗信仰の始まりだといわれています。

 

頼朝が夢枕で宇賀神(蛇の化身)を見たのが「巳の日」。
その後、弁天様の縁日には、この巳の日におこなわれるようになりました。
巳の日は弁財天に由来し、金運、財運に深く関係します。

 

弁天様は、古代インドにおける川の神(水神)だったことから、川 の流れのイメージ゛に起因して、
インド古来の蛇・龍信仰とも相まって、神使は「蛇」や「龍」だとされました。

 

インドから、日本に弁天様が渡って、頭が人間で体が白蛇の神様「宇賀神」と習合したのが宇賀弁財天様です。
インドでは弁天様は水をあわらします、水=川で、くねくねしてますよね。
それで、蛇に例えられ、蛇は、弁天様の使者とも言われています。

 

 

銭洗い弁天の御本体「宇賀福神」は水の神で身体は蛇・頭は人間の老人の形をしています。
この弁天様の頭の上に乗っているのが宇賀神様です。

 

 

インドが由来

インドから、日本に弁天様が渡って、頭が人間で体が白蛇の神様「宇賀神」と習合したのが宇賀弁財天様といいます。
弁天様の頭に蛇がのっていますよね、あれは宇賀神様と弁天様が、蛇つながりで合体したもので、宇賀弁財天様といいます。
銭洗弁財天宇賀福神社とは、弁財天と宇賀神をお祭りしているとい言うことになります。

 

宇賀神って蛇さんなんです?

ちょぅと違いますがまあ蛇の化身とでもお考えください。
この神社、財運、金運上昇にすごくゆかり深く、参拝者が後をたちません。
蛇の神様「宇賀神」をお祭りしています。

 

関東の方だったら、かなり有名なパワースポットで、金運の神様で御存じの方も多いと思います。
この鎌倉「銭洗弁財天」の正式名は「銭洗弁財天宇賀福神社」で普段は朝8時からの開館なんですが、巳の日だけはやたら人が多く朝6時からの開館となっています。
巳の日って、財運、金運にかなりゆかりがあり、弁天様の縁日にあてられています。

 

鎌倉の銭洗弁天に行ってみよう

・鎌倉市佐助
・鎌倉駅徒歩20分
・拝観時間 8:00〜17:00(巳の日は6:00〜)
・Tel 0467-25-1081

 

鎌倉駅からの銭洗弁天ルートをご案内。

 

 

紙幣を洗う時の注意


これダメです。お札に直接水をかけてビタビタにしてはダメですよ。
お札を濡らすときは、ビニールで覆って直接水が掛からないように注意しましょう。
そして洗ったお金を使ったらダメです。
折角のご利益がなくなりますから財布の奥に大切にしまっておきましょう。

 

洗ったお金は金運財布に入れてもっと金運パワーを集めましょう。

 

金運パワーが貯まったお金は、宝くじなどで使いうのが良いでしょう。
宝くじ当選者はコチラから↓↓


 

 

年収1000万 夢見る財布はコチラ>>

 


 
トップページ 開運カレンダー 全国銭洗い弁天 金運財布 幸せの貯まる財布 年収1000万財布